編集便り

パン菓新聞社記者がちょっといい話をお届けします

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサキベーカリー(東京都・足立区)

街のパン屋さん

ミサキ外観

具材や調味料まで全て手作り

東京の下町、北千住駅から日光街道を越えた
商店街に佇む同店は、
ご主人が55年前に裸一貫で店を起こし
家族と共に少しずつ店を拡大して
現在の3階建てビルを作り上げました。



「好きな仕事に就けて本当に幸せだ」

とご主人は話します。


ミサキ店内

人気のパンは、一日100個は売れるという
『コロッケパン』(160円)。

具材からすべて手作りで、
カツやサラダなど調理パンの惣菜、
マヨネーズやケチャップまで
こだわりの自家製です。

コロッケパンたち
▲自家製の揚げ立てコロッケを挟んだ
『コロッケパン』(160円)
一日100個売れる看板商品。
良心的な価格だが
「消費増税を機に価格を上げた」と功さん



「味に違いが出るのがこの調理パンなので、
 差別化のために力を入れてきた」
とご主人。

新鮮なパンを並べるために
2時間毎にコロッケを揚げ
焼き立てのパンと組み合わせています。

ミサキ調理パン
▲売れ筋は工夫を凝らした調理パン。
「作り立てを提供したい」と、少量を製作。
無くなる頃合をみてすぐに補充



「パン作りは本当に楽しい」
とご主人は笑います。

昭和40年代、フランスパンが流行り出すと
店でも早速取り入れました。
レシピや情報は手に入らなかったから
見よう見まねで作り上げたそうです。


デニッシュも同様。
バターを手で叩いて伸ばし、
なんとか折り込み生地を作り
長方形に大きくカット.
砂糖やアーモンドスライスを振り掛け、
その名もなんと『ゾーリパン』として発売し、
好評だったとか。

「何が楽しいってパンには創意工夫が生きる。
 形は四角にも丸にも自在に作れるし、
 具材も自由。ある時、おでんに入れる
 練り物なら何でもパンに合うんじゃないか

 いろいろ試してみた。
 ハンペンをフライにしたり、
 チクワを蒲焼にしたり……」


と、茶目っ気たっぷりに笑います。


ミサキあんパン、展開
▲特注のあんこをたっぷり包餡した
『特製あんパン』(160円)
看板商品のひとつ。
薄く均一な皮生地で技術力の高さがわかる






【ショップ情報】
東京都足立区千住寿町20-4
TEL:03-3888-3757
定休:日曜・祝日

パンやのくっくう(神奈川県・藤沢市)

街のパン屋さん

外観

脱サラでパン屋を起こす

パンやのくっくうは、神奈川県藤沢市の
小田急線六会日大前駅から
国道476号まで伸びる商店街にあります。
一家総出で店舗を切り盛りしており、
ご主人は
「店ができた35年前は畑ばかりだった」
と振り返ります。
“くっくう”とは、英語で鳩の鳴き声の意味で、
昔はシンボルとして
鳩時計を置いていたそうです。


店内

創業は昭和54年。
大手衣料専門店に勤めていた店主は
当時、脱サラブームだったこともあり
「何か店を始めたい」
起業を考えたそうです。


くるみあんぱん
▲アーモンドクリームとくるみ入りの
こしあんをマーブル状にした
フィリングを包餡している
『くるみのあんぱん』(140円税込)
人気商品。
大量買いするお客もいます



じゃがいもパン
▲ゆでたジャガイモを
丸ごと食パン生地で包んだ
『ジャガイモパン』(129円税込)
ジャガイモの上にマヨネーズ、
ガーリックオイルをかけ、生地にバター、
青海苔をのせて焼成



これまで、経営には浮き沈みもありました。

「店の前に建つ大手スーパーが
 インストアベーカリーを出店、
 また別のベーカリーが近くに何店か開業して
 苦い思いをしたこともあった」

とご主人。

「隣にあった小さな食品スーパーは、
 大手スーパーの進出で退店してしまった。
 けれどもパンは加工品。
 焼き立てのおいしさはオーブンフレッシュ店
 ならではのよさであるし、
 工夫次第で付加価値のある製品が作れる」



現在、約100種のパンを
ラインナップしており、
お客様を増やすためには
気持ちのよい挨拶、店を清潔に保つといった
地道な心掛けをしているそうです。



【ショップ情報】
住所:神奈川県藤沢市亀井野2丁目3-3
TEL:0466-82-6485
定休日:水・休

木村屋製パン店(東京都・府中市)

街のパン屋さん

1外観

昭和から平成へ、
対面販売を守り続けるパン屋さん


府中市分倍河原にある木村屋製パン店は、
先代が高田馬場木村屋の暖簾分けで独立
息子さん夫婦が跡を継ぎ
家族4人で営む、まちのパン屋さんです。




2店内
▲2012年にリニューアルしましたが
「対面販売」を頑固に継承



ショーケースには
ドッグパンを使ったお惣菜パン、
揚げパン、菓子パン……うーん、
どれにしようか迷ってしまいます。


3ショーケース
▲お客の多くはそれぞれ目的の
パンを求め訪れます。
カスタードクリームやバタークリームは
創業時より変わらず毎朝手作り。
人気は、やっぱり総菜パン。
パン生地は歯切れの良さと軽さが特徴です


4人気パン
▲人気パンいろいろ。
左下から時計回りに
創業当時からのロングセラー『ねじりパン』
手作りマヨネーズの『たまごサンド』
冷凍するとさらにおいしいと人気急上昇中の
『コーヒーあんぱん』
ニンジンを練り込んだ『ニンジンパン』
名前にグッとくる『UFOパン』


5焼きそばパン
▲『焼きそばパン』は不動の一番人気



パン屋とは、景気に左右されない商売

ご主人と先代に
昭和40年の創業当時を教えてもらいました。


「ジャムパン、あんパン、クリームパンが
 それぞれ15円、食パンは1斤で35円。
 ひとりが10個、20個買っていく、
 そんな時代でしたね」



それに続けて先代は

「いつの時代も、パン屋は
 景気に左右されない商売ですよ」


と一言。

景気の良い時も悪い時でも
お客さんはパン屋を訪れる。
いつも信頼され必要とされるのが
“まちのパン屋さん”たるゆえんなのでしょう。

「おこづかいを握りしめ子どもが、ひとりで
 パンを買いに来てくれるのが何より嬉しい」

というご主人の笑顔も印象的でした。
(H25年8月15日号掲載)



【ショップ情報】
住所:東京都府中市南町1-6-56
7:00~19:00
火・月1回水休

長楽製パン店(埼玉県・志木市)

街のパン屋さん

1外観


“学校のまち”の特徴を掴み
「安くてボリュームがあるおいしいもの」を
提供



埼玉県志木市内に構える
長楽製パン店を訪ねました。
昭和45年の開業以来
地域に愛されるパン屋さんです。



オーナーの米山さんご夫妻は
朝2時には起床し
二人でパンを焼いています。

小学校をはじめ大学、高校がある街なので、
学生に喜ばれるボリュームのあるアイテムを
手頃な価格で提供し人気となったそうです。


3ショーケース
▲正午を過ぎには売り切れてしまう
 パンも多く、
『4丁目のコッペパン』など
ネーミングのユニークなパンや
『ワドーナツ』は通常の大きさで50円の安さ



4月見カレーパン
『月見カレー』(100円)や
『焼カレー』(90円)などなど、
いろんなカレーパンを低価格で提供。



早朝から近隣から
老若男女問わず次々と立ち寄ります。
店先で待ちきれず頬張る子どもの姿も。


5木製番重とブドーパン
▲木製の番重を変わらず使い続けています。
創業当初よりある人気の『ブドー食パン』


その他、最近の人気商品は、
農薬・化学肥料を使わずに
地元産古代米で作った
『黒米食パン』(1斤180円)。
黒米粉2割配合で日持ちがよく
もっちりした食感と黒い色が特徴。
半斤の食べきりサイズでも提供しています。


2対面販売
▲「味は落とさず気軽に買える
値段をずっと守ってきたことが、地域密着で
お店を続けてこられた秘訣」



地域に根付いた店を
そのまま継いでくれるひとがいたら
嬉しい気持ちもあるね、

と米山さんは話してくれました。
(H26年3月15日号掲載)



【ショップ情報】
埼玉県志木市柏町4-1-37
TEL.048-471-5689
営業時間:7:30~17:00
木曜休

赤丸ベーカリー(東京都・豊島区)

街のパン屋さん

外観

鬼子母神堂のある雑司ヶ谷商店街に
大正12年から店舗を構える
「赤丸ベーカリー」

和菓子屋からスタートして
終戦後の昭和25年に
2代目が製パン部門を立ち上げたお店です。



赤丸ラスクで有名な
雑司ヶ谷商店街のパン屋さん

3代目で現在のオーナーの赤丸尋智さんは、
21年前役所勤めを辞めて
父親と共にパン作りの道を歩むことを
決意しました。

「おいしいパン作りのために日々研究を
 続ける努力家。
 陶芸家になりたかったという兄は器用で、
 父親以上に丁寧にパンを作ります」



と話す妹の未千江さん。現在は
母親と3人で店を切り盛りしています。


同店の看板商品は
創業当時から販売している
『赤丸ラスク』

テレビや雑誌でも取り上げられ、
あるタレントさんから
“絶品!” と紹介されるほど
おいしいラスクです。

ラスク
『赤丸ラスク』
プレーンとブドウの2種類。
グラニュー糖がびっしりだけど
甘さが気にならない


尋智さんにバトンタッチしてから
ますますおいしさを追求し、
食パンを冷蔵保存するところからはじまり、
ラスクが鉄板の上にのったら
目を離さないなど、細心の注意を払って
1枚1枚焼かれます。


また、予約をしないと買えないことが
多いのが食パン。
近隣の多くのカフェの
御用達商品になっていることからも、
その人気が伺えます。
(平成25年9月15日号掲載)



食パン他
▲カフェ御用達の
大人気食パン『上食パン』

惣菜パン
▲毎日コンスタントに売れる
惣菜パンは常に10種類ほど並ぶ



【ショップ情報】
東京都豊島区雑司が谷1-7−1
TEL:03-3971-6624
10:00~21:00(日曜21時まで)
定休日:木曜
記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。