編集便り

パン菓新聞社記者がちょっといい話をお届けします

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パオン昭月(東京都・世田谷区)

街のパン屋さん

昭月HP

家族一丸となって支えるパン屋さんは
地域に愛される商品づくりを目指す


駒沢大学駅から程近い世田谷区を抜ける
幹線道路、国道246号線から一本入った
交差点沿いに立つパオン昭月は、
戦後すぐに開業したパン屋さんです。
2代目となる社長である兄と店長である弟、
そして兄の2人の息子さんが運営しています。



1日400個売れるヒット商品も
10坪程ある工房には、歴史を感じさせる
オシキリのモルダー、
リバースシーター、三幸機械のオーブンなどが並んでいます。
4、5年前購入したミキサーもありますが、
古い機械は40年程も大事に
使い続けているそうです。
歴史を感じますね。


売り場面積は7坪程で、自慢のパンは20種ほど
提供する惣菜パンです。
特に『ハムカツサンド』(147円)には
こだわりがあり、淵に赤いラインの入った
レトロな味わいのボロニアソーセージを
使っています。

「息子が、“縁が赤くなきゃダメだ”って
 いうんだ」と社長さんは目を細めます。

ハムカツ
▲ハムカツサンド

また『生クリームあんぱん』(158円)は、
有名女優やタレントが推奨する逸品で
テレビなども取り上げられ、
多いときで一日400個売れる大ヒット商品。
このパンを求めて訪れる
遠方からのお客様も多いのです。

しっとりした生地に上品なあんこと
とろけるような生クリームが入っており、
同品の発売は14、5年前からですが、
「コッペパンにあんこなどをサンドして
 販売していたから、
 自然にこの組み合わせを思いついた」

とのこと。

生クリームあんぱんHP
▲生クリームあんぱん

接客では、パンの説明なり、世間話なり
気さくにお客にひとこと声をかけることに
気を付けているそうです。

このようにお客の声をよく聞いて
求められる味作り、
商品作りをしていくことが、
永続していく実力店となる鍵なのかな、と
思いました。
(H24年11月15日号掲載)

                                                     
【ショップ情報】
住所:東京都世田谷区駒沢2-18-11
TEL:03-3421-4831
記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。