編集便り

パン菓新聞社記者がちょっといい話をお届けします

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村屋製パン店(東京都・府中市)

街のパン屋さん

1外観

昭和から平成へ、
対面販売を守り続けるパン屋さん


府中市分倍河原にある木村屋製パン店は、
先代が高田馬場木村屋の暖簾分けで独立
息子さん夫婦が跡を継ぎ
家族4人で営む、まちのパン屋さんです。




2店内
▲2012年にリニューアルしましたが
「対面販売」を頑固に継承



ショーケースには
ドッグパンを使ったお惣菜パン、
揚げパン、菓子パン……うーん、
どれにしようか迷ってしまいます。


3ショーケース
▲お客の多くはそれぞれ目的の
パンを求め訪れます。
カスタードクリームやバタークリームは
創業時より変わらず毎朝手作り。
人気は、やっぱり総菜パン。
パン生地は歯切れの良さと軽さが特徴です


4人気パン
▲人気パンいろいろ。
左下から時計回りに
創業当時からのロングセラー『ねじりパン』
手作りマヨネーズの『たまごサンド』
冷凍するとさらにおいしいと人気急上昇中の
『コーヒーあんぱん』
ニンジンを練り込んだ『ニンジンパン』
名前にグッとくる『UFOパン』


5焼きそばパン
▲『焼きそばパン』は不動の一番人気



パン屋とは、景気に左右されない商売

ご主人と先代に
昭和40年の創業当時を教えてもらいました。


「ジャムパン、あんパン、クリームパンが
 それぞれ15円、食パンは1斤で35円。
 ひとりが10個、20個買っていく、
 そんな時代でしたね」



それに続けて先代は

「いつの時代も、パン屋は
 景気に左右されない商売ですよ」


と一言。

景気の良い時も悪い時でも
お客さんはパン屋を訪れる。
いつも信頼され必要とされるのが
“まちのパン屋さん”たるゆえんなのでしょう。

「おこづかいを握りしめ子どもが、ひとりで
 パンを買いに来てくれるのが何より嬉しい」

というご主人の笑顔も印象的でした。
(H25年8月15日号掲載)



【ショップ情報】
住所:東京都府中市南町1-6-56
7:00~19:00
火・月1回水休

記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。