編集便り

パン菓新聞社記者がちょっといい話をお届けします

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンドウィッチパーラーまつむら     (東京都・中央区)

街のパン屋さん

外観


“ホッとする店、安心できる店”を目指し
下町の社交場の役割を担う



水天宮駅近く、
下町の風情が色濃く残る地域に建つ同店は、
大正10年に創業。
約50年前から喫茶スペースを設け、
ベーカリーカフェの先駆けとも言える
パン屋さんです。
コミュニティーでの信頼も厚く
下町の“社交場”と言った役割も持ちます。



昔からの馴染み客と口コミを大事に
店の方針については、
「正直にパンを作ること」
社長さんは話します。
日清、ニップン、東京製粉などの
上質な粉を使用し、
おいしいパンをつくることを
心掛けているそう。

「口コミが大事。良いパンを作れば
 お客様がお客様を連れてくる」


また会長さんも

「昔、子供だったお客様が大きくなって
 家族を作り、子供を連れて
 買いに来てくれるのがうれしい」
と、

縦のつながりもある老舗の強みについて
語ってくれました。

ちくわパン
▲ちくわドック


提供するパンは、
昔ながらの代々受け継がれたものや、
新しくアレンジされた商品など約120種。
半分に切ったちくわを
ツナサラダの上にボンと乗せた
『ちくわドック』は人気商品。


仲良しコンビ
▲仲良しコンビ
右:ピーナツ&あんこ
左:ジャム&マーガリン

そしてイギリスパンにピーナッツバターと
あんこを半分ずつ塗り、
二つ折りにして食べてほしいと、
パン裏面に切れ込みを入れた
『仲良しコンビ』
は、
細やかな心遣いが下町人情をうかがわせる
ひと品です。
(H24年12月15日号掲載)


【ショップ情報】
住所:東京都中央区日本橋人形町1-14-4
TEL:03-3666-3424/日祝休
記事を検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理者用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。